レジャー

ズーラシアの中にあるおすすめランチは?混雑な日曜日でも食事はできる?

投稿日:2018年3月16日 更新日:

横浜動物園ズ―ラシアの園内に子供も喜ぶおすすめランチを写真付きで紹介します。
食事はどこでできるのか?
混雑が予想される土曜や日曜に行っても
席は空いているの?そんな疑問を解決できる記事です。

記事で分かる内容は?

・ズーラシア動物園の中にあるおすすめランチは?

・ズーラシア動物園での食事はどこでできる?

・ズーラシア動物園は混雑な日曜日でも食事はできる?

スポンサーリンク

ズーラシア動物園の中にあるおすすめランチは?

ズ―ラシアはとてつもなく広いです。
はじめてくる人は、目玉の動物オカピーを見て疲れてひきかえします。
むしろオカピーを見た先におもしろい動物がいるのに・・・そんな広い動物園です。

私からしたらなんでそこまででかくした?ってつっこみたくなるくらい大きい動物園です。

来る時は絶対に動きやすい格好とウォーキング用の靴を用意して下さいね。

先日、子供と一緒にズ―ラシアに行ってきました。
そこで、食べたオススメのランチをご紹介します。

子供も大喜びの人気ランチと言えば?

・ズ―ラシアバーガー

場所:アジアの熱帯林ゾーン

お店の名前:フレッシュネスバーガー

営業時間:9:30~15:30(オーダーストップ15:30)

お子さんも大好きハンバーガーです。アレルギーで卵等が食べれない場合、卵を抜いて下さいと言えば抜いてくれます。

一つでは大きいと思い、子供が残すのを待っていたんですが、一人で全部食べてしまいました。よほどおいしかったんだと思います。

この場所には、コーヒーやビールも売っています。ハンバーガーも種類が豊富なのでぜひ立ち寄って見て下さい。

・あげパン

場所:わくわく広場付近

ここの揚げパンは、種類が豊富で子供は最高潮。

ここは、子供が遊ぶひろ場の近くにあり子供がアスレチックなどで遊んでいるすきにお父さんやお母さんも

揚げパンを買いに来ていました。

種類は、こちら

おすすめは、ロイヤルチョコシロップです。パンをその場で揚げて作ってくれるのですごくあったかくておいしかったです。

屋台の近くには、わくわく広場があり子供達の楽園と言えるでしょう。

ここではまってしまって、私は2時間も費やしてしまいました。子供は喜んでいましたがさすがに疲れました(*_*)

・かつカレー

お店の名前:オージーヒル グリルレストラン

場所:オセアニアの草原ゾーン

営業時間:10:00~16:00(オーダーストップ15:30)

ここのカレー、普通のカレーだと思ったら大間違い。そこら辺で食べれるカレーではないんです。すごく味がしっかりしてて、動物園の中にあるなんて思えないくらいのクオリティーです。かつもジューシーで最高ですよ。

内装はすごくオシャレです。天井が特にワイルドですね(^_^)

カレーをもらう所は普通の食堂みたいですが、内装が良いのですごいギャップを感じますよ。

外から中に入る入口です。お土産も隣にあるので子供が買いたい買いたいとだだをこねるのが困る人は入って速効レストランに入りましょう。

メニューはすごい豊富です。お父さんもうれしいビールやおつまみもありました。

 

・骨付きハンバーグプレート

お店の名前:サバンナテラス

場所:アフリカのサバンナゾーン

営業時間:10:00~16:00(オーダーストップ15:30)

日本にいて本格的なアフリカの料理が楽しめるレストランです。

スパイシーグリドルチキンやアフリカの地ビールも売っておりお店はすごい混雑しています。

 

ゴミ箱はあるの?

レストラン付近にはこんなゴミ箱が用意しています。分別してちゃんと捨てましょうね。

 

ズーラシア動物園での食事はどこでできる?

レストランがある食事ができる場所は主に4つあります。

まず、ズ―ラシアの全体の地図をみてみましょう。

食事ができる場所は主に4か所です。

①番から順に書いていきますね。

①フレッシュネスバーガー


場所:アジアの熱帯林ゾーン

営業時間:9:30~15:30(オーダーストップ15:30)

混み具合:★★★☆☆

お父さんも大好きビールもあります。ただ、目の前の席がそこまでの席数がないのですぐ埋まってしまいます。

お持ち帰りにして近くのベンチで食べるのがいいかもしれませんね。

ベンチはいろんな場所にあります。

②オージーヒル グリルレストラン


店内座席数は約200席のレストランです。
場所:オセアニアの草原ゾーン
営業時間:10:00~16:00(オーダーストップ15:30)

混み具合:★★☆☆☆

意外と混んでいいないのがここのオージーヒル。

中は清潔感がありすごくいい場所で値段もリーズナブルでカレーもおいしいので穴場かもしれませんね。

 

 

③屋台

場所:わくわく広場付近

営業時間:9:30~16:00

混み具合:★☆☆☆☆

屋台は、ホットドック、焼きそば、揚げパンなどいろいろあります。混み具合も全然気にしないで気軽に立ち寄って下さい。

④サバンナテラス

場所:アフリカのサバンナゾーン
営業時間:10:00~16:00(オーダーストップ15:30)

混み具合:★★★★☆

ここが一番混みますが料理がおいしいのとビールが最高にうまいので一番のおすすめポイントです。

・サーティワンアイスクリーム


場所:アクアテラス、噴水口近く
営業時間:10:00~16:30(オーダーストップ16:30)

スポンサーリンク

ズーラシア動物園は混雑な日曜日でも食事はできる?

ここの動物園は、マップを見て頂ければ広さが伝わると思いますが、
こんな広い場所でも、土日は少し混雑を感じると思います。
動物を見るのは少し待てば見れますが、
お昼時の時間はみんな休憩したりお腹が空いてますので食事コーナーは混みあいます。

特に

・フレッシュネスバーガー

・サバンナテラス

は混雑しています。
理由は、ちょうどいい場所にあるからです。
みなさん、最初の正門から入りぞうさんを見て
マレーバク、ライオン、ホッキョククマなどを見た後ちょうどいい場所にあるのがここ
フレッシュネスバーガー。
コーヒーやビールもあって、大人も子供も気楽に休める=混雑するんです。

サバンナテラスは、めずらしいアフリカの料理が堪能できるためです。

路上で販売している揚げパンや焼そばフランクフルトは特に混んでいるという感じではなかってです。

土曜日は、日曜よりも少し混みあいます。
理由は、土曜だけ子供の料金(小・中・高校生)が無料になるからなんです。

混雑を避けるためには、開園と同時に入れば問題はなさそうです。
詳しい営業時間と駐車場の案内はこちらを見て下さい。

ズーラシア土日の混雑状況は?昼でも駐車場は空いてる?営業時間は?

子供と一緒に閉園ぎりぎりまでいたらどうなるか試した結果とんでもない事が起きました(*_*)

さいごに

ズ―ラシアにはたくさんの種類の食事ができるスペースが用意されています。おすすめはハンバーガーとアフリカの料理ですが、

どれもおいしいので試してみて下さいね。

混雑の土日は、サバンナテラスとフレッシュネスバーガーだけは混みあいますので早めに行くか時間をづらすかして混雑回避をして下さい。

 

スポンサーリンク





-レジャー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桜の季節高田公園の駐車場混雑は?,桜の季節高田公園の臨時駐車場はどこ?,桜の季節高田公園のおすすめの駐車場は?

桜の季節高田公園の駐車場混雑は?臨時駐車場の場所とおすすめは?

公園内の桜が4000本以上ある、お城と桜のコラボが美しい高田公園ですが、有名な公園ならではのネック問題は駐車場の混雑ですね。 臨時駐車場の場所や、混雑回避の穴場おすすめ駐車場を知っていれば、待つ必要は…

続きを読む

夏休み 江ノ島 混雑,江ノ島 周辺 駐車場,江ノ島 穴場 駐車場

夏休み中江ノ島の混雑具合いは?周辺と穴場の駐車場を紹介

夏休みに江の島に観光しに行こうと考えている方へ。 この記事を見れば、夏休み期間中 江の島の混雑はどれくらいなのか? 土日と平日はどれくらい差がある? 周辺の駐車場は夏休み期間中でも空いているのか? な…

続きを読む

木更津アウトレット混雑が回避できるおすすめの駐車場は?料金やオープン時間について

木更津アウトレットの駐車場は、正直分かりにくいので 結局誘導されるがままに停めてしまう。 誘導させられたアウトレットの入り口から遠い。 帰りは混雑して駐車場からなかなか出れない。 そんな無駄な時間を使…

続きを読む

湯沢ニューオータニ 口コミ,湯沢ニューオータニ wifi

湯沢ニューオータニまで送迎バスと徒歩で行ったみた!コンビニや周辺情報

湯沢ニューオータニホテルまで送迎バスはどこで待てばいいのか? ネットには徒歩で行けるって書いてあるけど、どうやって行くの? コンビニはどこにあって、周辺のお土産屋さんなどの情報を 写真付きで解説してい…

続きを読む

ズーラシア 渋滞予測,ズーラシア 渋滞 回避,ズーラシア 駐車場 料金

ズーラシア渋滞予測時間は?回避ルートで待ち時間無しにする方法と駐車料金を紹介

横浜ズ―ラシア動物園は、GW、お盆、夏休み中は大変混みあいます。 一体どれくらいの渋滞が予想されるのか?   この記事を見れば、渋滞にハマる時間を大幅に短縮できるのでチェックしてみて下さい。…

続きを読む

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ