タイ

タイの賃貸コンドミニアム契約前に絶対抑えておきたい8つの注意点

投稿日:2017年10月22日 更新日:

タイでコンドミニアムを探していざ契約するとき、

何も考えずに契約してしまうとあとで大きなトラブルに巻き込まれることがあります。

私自身も前に住んでいたところで契約後に公開した事があり

契約前に知っていればな~って事が結構あるので、

みなさんには私みたいに後悔しないためにもこれから

紹介する内容を把握して頂けたらと思います。

これからご紹介する内容は、

以上の8つを主に紹介していきます。

スポンサーリンク

タイは、日本と違いリビングコストがとても安いです。

私は、今コンドミニアムに住んでいますがとても快適で

日本にいたら絶対できない夜プールで泳いでみたりジムで身体を鍛えてみたり毎日がハッピーです。

 

ただ、契約まえに抑えておいてほしい事があります。

日本では当たり前の事がタイでは当たり前で無い事もあります。

日本と同じように契約してしまうと、トラブルの元になりますので、契約前にしっかり確認や部屋のチェックなどしましょう。
順番に抑えておきたい8つの事をご紹介します。

1、オーナーとの信頼関係

実は、これが一番重要だったりします。

タイでは、不動産を通す時もありますが、コンドミニアムの場合、ほとんどその部屋の所有権(オーナー)との直接値段交渉や取り決めをします。

なので、オーナーによって契約項目等が違ってきたりします。

例えば、私が1年契約のサインをしたとします。
仕事の関係で1年以内に帰国しなくてはいけなくなったとします。
オーナーに、その旨を伝えてみると

「その分、違約金1ヶ月分もらうよ」とか

言われる場合があります。

本来なら、違約金を払わなくてはいけませんが

オーナーによっては、別に違約金なんて払わなくてもいいよと言ってくれるやさしい人もいます。

オーナーと仲良くなっておくといろんな面で融通がきいて
フォローしてくれますのでオーナーとの信頼関係は大事にして下さい。

2、デポジット証明書

タイでは、最初の契約時にデポジットとして、月の支払いの2~3カ月分のデポジットを最初に支払います。

これは、日本と一緒だと思いますが、このデポジットの証明書は必ず保管しておいて下さい。

たまにあるんですけど、オーナーが勘違いして3ヶ月分支払ったのに2ヶ月分しかもらってないから2ヶ月分しか返さないなんてこともあります。

私の場合もデポジットが2ヶ月分しか払っていないと言われて、もめた事がありますので
重要書類等は大切に保管しておいて下さい。

3、住む前に部屋の写真を撮る事

ほとんどのコンドミニアムは、テレビ、家具、冷蔵庫、寝具、食器など最初からいろいろ揃っています。

本当に、何もいらないです。

すごく便利ですが注意して下さい。
あとから、食器が無い、ハンガーが無いとケチをつけて、デポジットから引くという方もいます。

これを防止するためにもありとあらゆる所の写真を取って出来る事ならオーナーに
メールで送ってあげるとトラブル防止になります。

4、何かが壊れた時の対応と修理費

1年以上住んでみると結構な確率で何かが壊れます。

タイの部屋の内装は、すごく単純で塗装ひとつとっても

日本と比べたらやはりクオリティーは落ちます。

これから、よく壊れるものを紹介していきます。

・エアコン
エアコンから水が出てきたり、温度調整がきかなかったりしてよく壊れます。
部屋の電気が切れたので外して取りかえようと思ったら複雑に線がからみあってる
ので、自分では取りかえできない場合があります。
・トイレの配管

タイは、水道管が小さいので本当によく詰まります。
トイレットペーパーは大量に流さない方がいいでしょう。
・クローゼットの扉や家具のフォーマイカ

クローゼットは開け閉めができなくなったり、ネジが外れて倒れたりしてきます。
家具のフォーマイカは水分をふくむと接着剤が溶けてはげてきます。


・壁の塗装

日本の塗装と違いタイの塗装は時間が経つとはがれてきます。

・洗面所の配管
毎日、顔を洗ったりしますが配管がめちゃくちゃ小さいので
髪の毛や小さいゴミでもすぐ詰まる場合があります。

これ以外にもいろいろありますが、こんなトラブルになった時
自分じゃ対応できないですよね。
そこで、契約前にオーナーに絶対に確認して頂きたい事が、2つあります。

A、問題が起きたら、まず誰に連絡するのか?

B、その修理費は誰負担なのか?

私の場合は、
私がオーナーに連絡→オーナーが業者に連絡→業者が直しに来る
という流れになってます。費用はオーナー負担でした。
オーナーによって対応が様々ですので、最初にA、Bをオーナーに確認して下さい。

スポンサーリンク

5、最初の月の家賃支払い日の証明書

これは、最後解約する時に最初の月は、いつ払ったのか確認するためです。

 

例えば私の場合、

最初住んで初日に初月の家賃を前払いで払っていましたが

出るときにオーナーが後払いと勘違いして喧嘩したことがあります。

 

結局3日後にオーナーから、

勘違いのお詫びのメールがきてよかったんですが支払いの証明がないとトラブルの原因になりますので、
ちゃんと書類は保管しておいて下さい。

6、デポジット返金日

デポジットは、2~3カ月分くらいのお金ですので決して安くありませんよね。

月の支払いが2万バーツだったら6万バーツ。

 

18万円ものお金なので解約したらすぐ手に入れたいものですがオーナーによっては、お金がないからデポジットを解約してから3ヶ月後に支払うという場合もあります。

そのようなトラブルがないようにちゃんと確認しましょう。

7、住むなら中階

意外と住んでみないと想像できませんが、

住むなら一番上でもなく下でもなく真ん中がいいでしょう。

下に住むリスクは、蚊や虫が登ってきます。

特に川が近い所ですとその危険性が上がります。

一番上は、思った以上に暑いです。

たしかに、眺めは、最高です。私も最上階に住んだことがありますが、本当に高い所ってすばらしい景色です。

しかし一番上は本当にめちゃめちゃ暑いです。

エアコンの電気代も跳ね上がります。

 

ゴミ捨て場の近くはゴキブリでます。

コンドミニアムは、各階にゴミ捨て場があると思いますが、
その隣とかはやめておいたほうがいいです。
絶対にゴキブリと格闘することになります。

8、道路の冠水は大丈夫?

タイでは、雨が降るとスコールみたいに集中的に降ります。
降ったあと、道路が冠水しているとそこはもうプールです。
タイの洪水
これ、下水の水なので、細菌パニックです。

車を持っていても、場所によっては冠水のせいで故障する可能性があります。

歩いて外に出るときは、水の上を走れる人以外は、

水がひくまで待たないと感染症なんかになる場合があります。

<まとめ>

以上の8つの項目を最初に確認して、

住む前には家具や電気水道、全てチェックして下さい。

チェックしたら写真を撮ってオーナーにメールで送ってトラブル回避をしましょう。

契約後、書類等は絶対に必要になってきますので大切に保管しましょう。
一番大事な事は、オーナーとの信頼関係です。
信頼さえあれば、困った事があれば助けてくれます。
たまに日本のお菓子なんかを送ってあげると喜びます。
以上の点を注意して頂いて快適で、楽しいタイ生活を送って下さい。

スポンサーリンク





-タイ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バンコクの公園は自転車が快適?,バンコクの公園でレンタサイクルが借りれる場所は,バンコクの公園は子供に大人気

バンコクの公園は自転車が快適?レンタルサイクルは?子供に大人気?

子供連れの方でやバンコクに 観光しに来た人で自転車で 公園を走りたいけど どこがおすすめの公園で どこが、レンタルサイクルしてるの? 遊具や子供が楽しめるポイントを知りたい あなたに、今回長年住んでい…

続きを読む

タイのシーチャン島の海はきれい?,シーチャン島は海水浴できる?,シーチャン島の交通手段の方法は?

タイのシーチャン島の海はきれい?海水浴はできる?交通手段の方法は?

シーチャン島って行った事ないけど海水浴ができるほどのきれいな海なんでしょうか? 島での交通手段方法などを説明している記事です。 ・タイのシーチャン島の海はきれい? ・シーチャン島は海水浴できる? ・シ…

続きを読む

タイ 寺院 マナー,タイ 寺院 写真,タイ 寺院 僧侶

タイ寺院のマナーについて!写真は撮っていい?僧侶の接し方は?

タイのお寺さんのマナーは知っておかないと へたしたら捕まることさえあるほど、 タイのお寺やお坊さんはとても敬意を払わなくてはいけないので、しっかり記事を確認しておきましょう。 この記事で分かる内容は?…

続きを読む

シーチャン島でホテルの探し方は?,シーチャン島の観光スポットどこ?,シーチャン島釣り場の行き方,シーチャン島で食事を紹介

シーチャン島でホテルの探し方は?観光スポットは?食事は?

バンコクから一番近い島で、交通費は往復1300円で ホテルも安いので手軽に行ける島です。 ホテルの探し方や観光スポット(釣りスポットやビーチ)を紹介します。 実際に行って写真をとってきましたので 食事…

続きを読む

タイのフードコートはどこがオススメ?,タイのフードコートの使い方 ,タイのフードコートの値段の相場は?

タイのフードコートオススメ場所は?使い方と値段について

タイに初めて観光にきてまず、かかせないのがタイ料理。 屋台とかいいよって聞く事もあるしいったいどこに行けばいろんなおいしい タイ料理を堪能できるんだろう? そこで今回ご紹介する内容は、 ・タイのフード…

続きを読む

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ