レジャー

中山駅から横浜動物園バス停までの行き方と行き帰りの時刻表!割引情報

投稿日:2018年4月15日 更新日:

横浜動物園ズーラシアに初めて訪れる方へ
この記事を見れば、中山駅からバス停まで
どうやって行けばいいのか?

簡単に写真をのせて解説しています。

時刻表はもちろん、絶対に見逃せない割引情報もありますのでぜひご覧ください。

この記事で分かる内容は?

・中山駅から横浜動物園行きバス停までの行き方は?

・横浜動物園行きバスの行きと帰りの時刻表は?

・横浜動物園のお得な割引情報

スポンサーリンク

中山駅から横浜動物園行きバス停までの行き方は?

オカピーや白くまさんが見れる事で有名な動物園と言えばズ―ラシア動物園ですね。
ただ、この動物園は駅から離れているためバスなどの公共機関を使わないと徒歩で行くには少したいへんです。

ちなみに、私は徒歩でよく中山駅から行くのですが50分ほどかかります。
しかも、登り坂が急なので小さいお子さんやベビーカーを持って歩いて行くにはきびしいかと思います。

 

中山駅改札口からバス停乗り場までの行き方

まず、改札を出る前に上の黄色い看板を見ると、よこはま動物園ズ―ラシアという看板がでてきます。

改札をでたら右に行って下さい。

Beansと書いてある場所はスーパーになっていてお惣菜や弁当などが買えるため

食事をどこで食べるか決まっていない方はお店の中に入ってみるのもいいでしょうね。

下に行けばファミリーマートがあり、そこから外に出れますのでこのお店の中に入ってもバス停までは行けます。

右に行くと、すぐ階段が見えてきますので階段を下りて下さい。

階段降りたら左手にファミリーマートが見えます。

矢印の方向にまっすぐ進んで下さい。横浜銀行と書いてある手前がバス停なので横浜銀行を目指して下さい。

横浜銀行まで行ったら、この青い看板が目印のバス停が見えますので、ここでバスを待ってください。

ちょうど写真で撮った時、ズ―ラシア行きのバスが到着していました。

この写真の色がズ―ラシア行きです。

・バスの料金

中学生以上220円、小児110円

バスの所要時間・・・15分

中山駅から動物園まで徒歩・・・50分

 

中山駅周辺で食事や弁当は買える?

中山駅、バス停周辺には

・KFC

・マクドナルド

・松屋

・パン屋さん

・デニーズ

・オリジン弁当

などがあります。

お弁当を買うならオリジン弁当に行くといいかもしれませんね。

オリジン弁当はマクドナルドの向かいにあります。

中山駅付近でコーヒーが飲みたい方へ

バス停が南口です。

その反対にある北口には

・サイゼリア

・コメダ

・ドトール

などゆっくりできる場所があるので

動物園に行って歩き疲れたら、帰りに寄ってみてはいかがですか?

中山のコメダは土日のお昼は、大変混雑していて待たされる可能性が大です。

土日に行くなら北口、階段を下りてすぐのドトールがオススメです。

平日ならコメダに行くとゆっくりできます。

サイゼリアは比較的土日でも空いていますので少し小腹がすいている方にはおすすめです。

スポンサーリンク





横浜動物園行きバスの行きと帰りの時刻表は?

バス停に行けば分かりますが、バス停の時刻表はすこしややこしいことになっています。

ズ―ラシア行きの1番乗り場では、

・鶴ヶ峰駅行き

・ズ―ラシア行き北門

・ズ―ラシア行き正門(ひかりが丘経由)

があり、ひかりが丘経由でもズ―ラシア北門行きでも

ズ―ラシアに着きます。

 

 

行きのバスの時刻表

9時~14時の時間までは北門に停まります。

北門行きは、正門にもとまりますのでどちらで降りても大丈夫です。

正面と北門の違い

正面に行く人は最初に象さんや白クマさんが見れたりします。

わくわく広場では小さいお子さんが大好きなアスレチックや遊具が充実しています。

 

北門エリアからは、ラクダやピグミーゴートなどのめずらしい動物も見れますし

サバンナテラスでおいしい御飯が先に食べれます。

私は、北門からの入場をおすすめします。

多くの観光客は正門からの入場が多いので夏休みやゴールデンウィークの混雑時は北門から入った方が空いています。

一番混むレストラン(サバンナテラス)が先に楽しめるというのが1番のメリットでしょう。

 

動物1番人気のオカピーは正門と北門の中間距離にありますのでどちらから行っても歩いて行くなら同じと思って下さい。

 

園内で食事を堪能したいのであれば、こちらの記事を参考にしてみてくださね。

ここによこはま動物園にしかない

・ハンバーガー

・フードコート

・屋台

・サバンナ料理やサバンナのお酒

などの情報が手に入ります。

ズーラシアの中にあるおすすめランチは?混雑な日曜日でも食事はできる?

 

帰りのバスの時刻表

 

横浜動物園のお得な割引情報を紹介

絶対に見逃せない情報と言いましたが、

本当に見逃せない情報です。

何回もいいます。絶対に・・・

いやもうしつこいって怒られそうなので説明にはいります。

まず、この記事を見てる方は中山駅からバスでズ―ラシアに行こうとしますよね。

その前にやってほしい事があります。

それは、割引された入場券を買うこと。

割引入場券はどこで買える?

New Daysというコンビニで買えます。

New Daysの行き方は簡単です。

横浜線中山駅改札を左に行けばズ―ラシアのバス停乗り場に着くと先ほど紹介しましたが、

改札を右ではなく左に行って下さい。

すぐに写真にでてくるコンビニが見えてきます。

New Daysで買うといくら?

本来の入場料は

大人・・・800円

高校生・・300円

小中学生・200円

それが、

大人・・・720円

高校生・・270円

小中学生・180円

 

大人で80円お得です。

小学生・中学生・高校生であれば土曜日は無料なので

お子さん連れの方は、土曜日がお得ですね。

 

料金って、そんな変わらないじゃんと思われるかたもいますが

料金だけならそこまで変わりませんが、混雑時の

夏休み、GWなどの大型連休にこの割引チケットの効力が発揮されます。

どうゆうことかといいますと、まずこちらの記事を見て頂ければ分かると思います。

GWのズーラシア混雑状況は?駐車場は空いてる?開園時間は?

 

土日や大型連休ではどこが混雑していて、混雑回避方法などを紹介しています。

 

この記事で分かるとおり、

園内に入るためにチケットを買う券売機付近が特に混雑が予想されます。

でも、コンビニでチケットを買ってしまえば券売機に並ぶ必要がないので

混雑がひどい時では30分以上の時間短縮になります。

さいごに

バスでズ―ラシアまで行く方は、しっかりと時刻表を把握してのって下さい。

平日でも、券売機で並んでいる観光客はたくさんいますので、

少し時間に余裕を持たせてコンビニで割引チケットを買う時間にあてて下さいね。

時間に余裕がある方は、コーヒーなどを飲んでのんびりしていくのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク





-レジャー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

横浜から名古屋までのバスゆったり3列はどれがいい?,横浜から名古屋まで新幹線の料金は?,横浜から名古屋3列バスの料金は?

横浜から名古屋までのバス3列はどれがいい?新幹線との料金差は?

横浜駅から名古屋駅に行くのに格安では座席が狭くて嫌。 3列ならゆっくりできると思いますが、いっぱいバス会社がありすぎてどれが良いのか分からない。 新刊選との値段の差ってどれくらいするのかな?もすそこま…

続きを読む

ほったらかし温泉 健康ランド,ほったらかし温泉 周辺 ほうとう

ほったらかし温泉周辺の健康ランド最安値はどこ?ほうとう食べるならここ

宿泊費用をなるべく抑えたいから、安くて清潔で静かに寝れそうな健康ランドなんてないかな? 仮眠室で寝る事も考えているけど、宿泊とたいして料金が変わらないなら部屋を借りて泊まってもいいかな? そんな悩みを…

続きを読む

桜の時期砧公園の駐車場はどこ?,桜の時期砧公園の駐車場混雑状況は?,桜の時期砧公園の駐車場は平日ならとめられる?

桜の時期砧公園の駐車場はどこ?混雑状況は?平日ならとめられる?

初めて砧公園に花見にくる方は駐車場がどこがあるのか?混雑がどれくらいなのか? 土日や平日はどれくらい人がお花見をしにくるのかりませんよね? なるべく空いてる日に行きたいと思っている方に向けた記事です。…

続きを読む

つくし野アスレチック ロッカー,つくし野アスレチック 更衣室,つくし野アスレチック シャワー

つくし野アスレチックのロッカーはあるの?更衣室は使える?シャワーは?

つくし野アスレチックには ロッカーや着替える場所などはあるのでしょうか? シャワーなんかも使えたら、 池に落ちても汚れなど心配しなくてもいいんだけどなって お悩みの方にぴったりな記事内容です。 この記…

続きを読む

スカイツリー ランチ 安い,スカイツリー カフェ ゆっくり,スカイツリー ランチ 混雑

スカイツリー周辺でランチが安い場所は?ゆっくりできるカフェは?混雑は?

東京スカイツリーに土日や休日に行こうと思っている方へ。 ランチに1000円以上もかけたくない方必見です。 食事した後にゆっくりカフェでも行きたいから空いているカフェも知りたい。 ランチ時の混雑状況など…

続きを読む

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ