仕事

休日に会社の花見は強制参加?行かないってあり?断る理由は?

投稿日:2018年3月3日 更新日:

上司に会社で花見があるから参加しろって言われました。
しかし、その参加の日が休日!!休日に花見って・・・休日の場合、法律的に強制参加させてもいいのでしょうか?
行かないと言っても大丈夫?うまく断る方法を紹介していきます。

<記事に書いてある内容は?>

・休日に会社の花見は強制参加?

・会社の花見に行かないってあり?

・会社の花見をうまく断る方法は?

スポンサーリンク

休日に会社の花見は強制参加?

上司→「参加できるよな?」

こんな言い方されたら「はい行けます」
って誰だって言ってしまいますよね。
しかし、よく考えたら休日だし・・・法律的にどうなのって?疑問に思われるかと思います。

労働者が会社の命令に従わなければならないのは業務時間だけです。
つまり休日に会社側があなたに花見の参加を強制させる事は不可能なんです。

もし、あなたが花見の参加を拒んだとします。
しかし、上司が無理やり休日にでろって言ったとします。

その場合は、
休日に強制的に参加=労働扱い
になってしまうので、給料が発生します。

もし、休日でなく平日に花見があった場合は勤務時間での命令になるので強制にはなりません。

会社が強制参加をできるケース

・勤務時間内の参加(平日の場合)

・上司が全員に参加命令を出している

・会社側が花見に使う費用を負担している

これら3つのケースが重なってはじめて参加しなくてはならないとなってしまいます。

労働契約により、労働者(社員)が会社の命令や指示に従わなければならないのは、勤務時間の間だけという事なんです。
当たり前のことですよね。だって、こっちは時間を使って仕事して

その単価(時間)=給料をもらっている
勤務時間外(休日)の場合は、別に給料をもらうのはごく当たり前の事です。

会社の花見に行かないってあり?

古いしきたりかなんかしりませんが、休日にサービス労働をする時代はもう終わったんです。

そのしきたりを今でも要求してくるなら、それこそ
昔の会社のように私達の雇用をもっと安定させ最低限の生活ができる保障をくれてもいいじゃないですか?

でも、今はそんな保障はどこにもありません。大手企業が倒産する時代なんです。

なら、その貴重な休日にもっとお金を稼げる仕組みなどを勉強したり、資格を取ったりする有効な時間に
あてたいと思うのは当たり前で当然の権利です。

それでは、行く行かないの境界線をもう一度考えてみましょう。

休日に花見に行っても良いケース

・花見でも給料が払われる

・代休がもらえる

・かわいい子又はイケメンが参加する

この3つが一つでも入っているのであれば参加してもいいでしょう。

3つ目の、イケメンやかわいい子がいる場合の単価は高い(^o^)丿ので給料が発生しているのと変わらないので
積極的に参加して下さい。

っと・・・冗談はさておき

私なら給料が発生するか、代休で他の日に休みにさせてもらえるかしか参加はしません。

上司が、とてもためになる話しをしてくれる。職場の評価が下がる。
など、いちいち気にしていたらこれから身が持ちません。
はっきりと断る事で、自分の時間は重要なんだと相手に分からせる事も社会人としてやるべき事です。

<断る時期>

もちろん早ければ早いだけいいでしょう。
もしあなたが、OKの返事をしてしまっている場合でもすぐ上司にお断りの返事をしましょう。
当日キャンセルは絶対にやってはいけません。

<メールでの返事はあり?>

上司に言われた場合は直接言葉に出して断りの返事しましょう。
幹事などいる場合は、上司ではなく幹事にメールの返事でもいいでしょう。

では、断るうまい理由をこれから説明してきます。

スポンサーリンク

会社の花見をうまく断る方法は?

断る理由は本当に悩む所ですね。
ヨーロッパのように
「今日は、彼女と食事なので残業はできません」
なんて言っても
「そうか、彼女を大切にしてあげなよ」
なんていう上司は日本にはいませんね。

ちなにみこの言葉は私がヨーロッパに仕事で2カ月間住んでいた時に実際に会話の中で聞こえた生の声です。
ここは、日本なので断るうまい理由を見つけなければなりません。

・誰でもでも使える理由

・法事がある

・親が調子悪くて

・同窓会がある

・資格等のテストがある

<文例の紹介>

「法事で親戚が遠方から来られるのですいませんが行けません」

「親が調子悪くて病院で寝込んでいるので申し訳ありませんが」

「前から、同窓会の予定が入っていましたのですいません」

「その日、マイナンバー検定試験があるため花見には行けません」

知識知識を得たいので勉強の講習会がその日にあると言ってもいいと思います。

法事は無敵の理由でしょう。同窓会は、前もって予定があったことをアピールしましょう。
資格等のテストは、会社のために○○を勉強しているとかをアピールするといいでしょう。

・結婚している(子供がいる場合)

・子供を塾へやプールに連れて行く

・子供がインフルエンザ

・旦那や嫁の友達の結婚式に行く

・旦那や嫁と旅行に行く予定で、予約してる

・旦那や嫁と病院に行かなくては行けない

<文例の紹介>

「子供がインフルで寝込んでいるのでめんどうを私がみないと誰も家にいないのですいませんが行けません」

「子供がアトピーで病院に連れて行かなければいけないのでその日は申し訳ありませんが欠席させて頂きます」

「前々から、旅行に行くとその日に決めていて飛行機のチケットも取ってしまったのですいませんが、行けないです」

「妻の病気の検査があるのでその日は病院に行ってきます」

妻や旦那での理由にするか、子供のせいにするのがいいでしょう。特に病気関係の理由は最強です。

・一生使える理由

・桜花粉症が原因で副鼻腔炎(ふくびくうえん)/蓄膿症(ちくのうしょう)

・旦那や妻が厳しくて、飲み会には参加させてもらえない

・私は不参加で

花粉症で会社を休むことができる?うまい理由は?診断書はもらえるの?

<文例の紹介>

「花粉症が原因で副鼻腔炎になってしまい、これ以上悪くなると手術をしないと行けないと医者に言われているので外にでられません。」

「医者にお酒を止められているので花見の席で飲酒ができないんです」

「私は、不参加でお願いします」

病気関係の理由は、いくら上司でもなにも言ってこないのでいい理由なんじゃないでしょうか。

私は不参加でお願いします。これはもう言ってしまえば、花見以外の会社の飲み会でも使えますし、こんなことを言える人間には次から誘ってこないので言える人は言った方がいいでしょう。私の友達は、この言葉を言った事がありますが、特に会社からひどい事をされたり無視された評価が下がったなんて事はなかったです。

 

さいごに

会社の花見ってすっごくつまんないし、おやじのたわごとをなんで聞かなくちゃいけないんだと思いますよね。
昔なら、年功序列でうまく会社と付き合っていかなければなりませんでしたが今はそんな時代でもありませんので
普通に断って下さい。うまく断って、自分の好きな時間を作れるといいですね。

スポンサーリンク





-仕事
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

飲み会 上司 寄付,飲み会 上司 寄付,飲み会 お金 余った

飲み会で上司から寄付を頂いた時のお礼の言葉とタイミングは?余ったら?

忘年会、新年会、送別会などの飲み会席で 上司や社長から、会費の足しにと お金を受け取ってしまった。 この場合、幹事の立場としてどんな対応をすればいいか正直よく分かりませんよね? どんな言葉で紹介し、ど…

続きを読む

初出勤で緊張して寝れない場合は?,初出勤の緊張で不安な場合の解決法,初出勤で緊張しない方法

初出勤で緊張して寝れない時の不安の解決法と緊張しない方法

初出勤が迫ってきてなかなか寝れない。 頭の中が初出勤の事でもう 何も考えられないし 寝てもすぐ起きてしまう。 でも、大丈夫です。こんな簡単な方法で すぐ眠れてしまう裏技がありました。 ・初出勤で緊張し…

続きを読む

仕事 ストレス 発散,仕事 ストレス 考え方 仕事,ストレス 前向き

仕事のストレスを発散する7つの方法とは?考え方1つで前向きになれる人生

上司に怒られてムシャクシャしている。 あのヤロー たった1つのミスで注意してきやがって。 ストレスが限界でいっそ辞めてやりたい気分。 そんなストレスを どうやって発散させるのかをこれから紹介していきま…

続きを読む

花粉症 仕事 休む,仕事 休む 怒られる,仕事 休む 理由

花粉症で仕事を休むと怒られる?完璧な理由で連休が取れる!

花粉症がすごいひどくて毎日辛い思いをしています。そんな重度の花粉症の人は会社を休む事はできるんでしょうか? 休むと会社の上司になんて言われるのか?そんな悩みがある方へ 大丈夫ですよ。とっておきの理由で…

続きを読む

セルフスタンド バイト 仕事内容,セルフスタンド 流れ,セルフスタンド バイト 体験談

セルフスタンドのバイト仕事内容の1日の流れを紹介!体験談で分かるリアルな感想

これからガソリンスタンドでバイトしようと考えている方必見。 セルフスタンドでの主な仕事内容と1日の流れを詳しく説明しています。 現在ガソスタで働いているからこそ分かるリアルな意見で分かる 正直きついの…

続きを読む

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ