高尾山

子供と高尾山に登る時に必要な持ち物は?小さくても登れる?楽しめるポイントは?

投稿日:2018年6月2日 更新日:

今度、高尾山に子供を連れて行こうと思っているんですが、

必要な持ち物って何かあるのかな?

まだ小さいけど登れるのかな?

子供が喜んで楽しめる場所あったら知りたいという方への記事です。

★記事で分かる内容は?

・子供と高尾山に登る時に必要な持ち物リストを紹介

・子供が高尾山に登れる歳は何歳から?

・高尾山で子供が楽しめる場所はどこ?

 

スポンサーリンク

子供と高尾山に登る時に必要な持ち物は?

実は、高尾山は日本で世界で一番の登山客が訪れる、超人気スポットなんです。

紅葉がきれいで、夜景も最高。

それに、誰でも気軽に登れるのでいろんな方が毎年登山を楽しんでいます。

もちろん、家族連れも多くいます。

そこで、今回は高尾山に子供と一緒に行こうとしている方へ持ち物リストを作ってみました。

高尾山に子供と一緒に登山!持ち物リスト

子供が使う物リスト

・リュック・・・荷物を入れる、両腕がフリーになれば動きやすい

・帽子、サングラス・・・日差しよけ

・日焼け止め・・・日中は日差しが強い

・水筒・・・マメな水分補給は脱水症状予防に効果的

・タオル・・・汗ふき用

・運動靴、動きやすい服装・・・服装は本格的な登山用でなくても構いません

親が子供のために持って行く物リスト

・虫除けスプレー/かゆみ止め・・・夏場は蚊がたくさんいます

・絆創膏/消毒液・・・応急処置用

・抱っこ紐・・・小さいお子さんは抱っこ紐があると便利です。

・カロリーメイト・・・登山は体力を使いすぐお腹が空いてしまいます。お菓子でもいいでしょう

・ウェットティッシュ・・・汗や、お弁当食べた後に手を拭いたりする

・ゴミ袋・・・お弁当などのゴミを持ち帰るため

・レジャーシート・・・ベンチが混んでいる場合は必要

・着替え・・・帰りに温泉に入りたい方

・防寒具・・・夏以外の頂上は地上と気温差があり寒いです。夏は、UVカットの長袖があると便利です。

・雨具/折りたたみ傘・・・山の天気はすぐ変わります。晴れでも折りたたみ傘があると便利です。

・塩アメ・・・汗をかいて塩分がとぶため

・大きめのタオル・・・帰り電車で帰る方は、子供が寝た時に大きめのタオルがあると首をいためないで寝れます。

 

子供のリュックにお菓子と水筒は入れておきましょう!

子供はすぐお腹すいた、喉渇いたと言ってきます。

毎回、自分のリュックから取り出すのはたいへんなので、リュックの中に水筒を入れたりお菓子をいれているとすぐ取り出せ便利です。

 

小さいお子さんは抱っこ紐は必須!

小さいお子さんは抱っこ紐を絶対にもっていくのを忘れないで下さいね。

 

疲れたらリフトにのっちゃえ<(`^´)>

高尾山は、リフトもありますのでお子さんが疲れたと言ってきたら

リフトやケーブルカーを積極的に使ってみましょう。

 

ベビーカー持って行く?

持って行かない方がいいと思います。

頂上まで行くには階段もありますのでおすすめはしません。

紅葉シーズンで、紅葉だけを見られる方は頂上まで行く必要がないのでベビーカーで登っても全然ありです。

子供が高尾山に登れる歳は何歳から?

写真に写っている子供は、

以前、3歳ぐらいのお時よちよち歩き状態から挑戦した事がありますが、

さすがに途中疲れて抱っこ紐でかついで行く事になりました。

しかし、4歳になったとき再び挑戦したら見事に登れました。

なので4歳からの挑戦は全然イケると思います。

写真に写っている時は6歳の時ですが、余裕で軽々登ってしまっていました。

逆に大人が疲れている様子でした。

お子さんが6歳前後ですと、お子さんが登れるか心配するより

お母さん、お父さんが登れるかを心配するほうがよさそうですね。

でなければ、子供にばかにされてしまいますから。

高尾山は、すごい歩きやすい登山道になっています。

スポンサーリンク

写真でも分かるように道路が舗装されていて、どんな格好でも登れるのが高尾山の魅力なんでしょうね。

高尾山で子供が楽しめる場所はどこ?

子供って、登山よりも途中で見かける虫や

食べ物に興味を持つんですよね。

登山事態はなんだか急な坂があるなぐらいしか思わないと思います。

そこで、子供に「来てよかったな」

「ねぇもう一回行きたい」

って言ってもらえるように

子供も楽しめるポイントをいくつか紹介しますね。

 

・スリリングなリフト

 

この写真で写っている子供は6歳の時にのって、

少し恐いのかなって思っていたらうきゃうきゃ騒いでいましたので

子どによっては楽しめると思います。

 

ただ、大人の私でもかなり恐いと感じましたので、

お子さんが小さい方ですと恐くて乗れないかもしれませんので

その場合は下に書いてあるケーブルカーにのってみましょう。

☆リフト料金表

 

大人/小児

・片道:480円/240円

・往復:930円/460円

3才から小児料金

乗車時間:約12分間

 

 

 

 

・勾配が富士山とほぼ同じケーブルカー

小さいお子さんでも楽しめるケーブルカーですが、ここのケーブルカーは一味違います。

なんと、日本で一番勾配が急なんです。その角度31度18分。

富士山の頂上付近とほぼ同じ角度なんですね。

私も何度か富士山に登った事がありますが、

 

体感的にはケーブルカーの勾配の方が急だったと思います。

 

ケーブルカーは、誰でも乗れる安全な乗り物なので、ぜひトライしてみて下さいね。

☆エーブルカー料金表

 

大人/小児

・片道:480円/240円

・往復:930円/460円

3才から小児料金

 

・乗車時間・・・約6分間

・最大乗車人数・・・135人

 

営業時間は、朝の8時~です。

 

・超おいしい天狗焼とお団子

高尾山といったら、この天狗焼。

天狗の像があるくらい、天狗推ししているだけあって本当においしいです。

中はこしあんで、小さいお子さんは大好物だとおもいます。

私も、この天狗焼が好きすぎてこれを食べに行く目的だけに高尾山に登る時があります。

 

・お団子

天狗焼も、お団子も頂上に行く途中で見かけますので休憩がてらお子さんと一緒に食べて下さいね。

・頂上でピクニック

お弁当を持って頂上に着いたらピクニック気分。

大人も子供も高尾山の頂上からみえる景色をバックに食べるお弁当は最高です。

 

・高尾温泉 極楽の湯

高尾山口にある温泉は疲れた体をいやすのに最高です。

入館料が1000円して若干高いと感じますが、

駅のすぐ隣にある利便性がいい温泉施設なのでぜひお子さんと一緒に入って最後まで楽しみましょう。

ハイシーズン(紅葉時期、夏休み、年末年始、冬休み)はたいへん混雑します。

詳しく知りたい方はこちらに書いてある記事で詳しく見て下さいね。

高尾山にある温泉の混雑状況は?駐車場はどこ?クーポン割引はあるの?

さいごに

お子さんと一緒に登山をする時に気をつけて頂きたいのが、蚊です。

特に夏場は、たくさん蚊が発生しますのでかゆみどめ、蚊よけスプレーを持って行って下さいね。

登れるか不安な方もいらっしゃいますが、4歳のお子さんでもラクラク登れますので安心して下さい。

スポンサーリンク





-高尾山
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高尾山 何時から登れる,高尾山 ベストな時間,高尾山 混雑 時間帯

高尾山温泉の混雑状況を知らなきゃよかった!駐車場やクーポン割引情報

高尾山を登った後に入る温泉ってもう最高の気分♪ 利便性が良くすごく混んでそうなイメージだけど混み具合ってどうなの? 車で行きたいけど駐車場ってあるの? 割引情報があったら知りたいという方へおすすめの記…

続きを読む

陣馬高原下~登山口~陣馬山頂までの行き方!山頂そばやトイレについて

陣馬高原下、バス停から陣馬山までどうやって行くのか? バス停から陣馬山頂上までの行き方とハイキングコースの道の様子など 陣馬山まで行ってみたので写真で詳しく見れちゃいます。 山頂のおすすめそば屋さんも…

続きを読む

高尾山 正月 混み具合,高尾山 混雑回避,高尾山 ご来光 スポット

高尾山ダイエットのため1号路に登ったら消費カロリーと歩数がすごい事に!

高尾山といえば、誰でも簡単に登山が挑戦できる、都心から近くにあり アクセスも大変便利な大人気な山です。 そんな世界1登山者数が多い高尾山へこないだ行ってきました。 往復の消費カロリーや歩数を紹介してい…

続きを読む

高尾山 陣馬山 どちらから,陣馬山 高尾山 行き方,陣馬山 高尾山 所要時間

高尾山と陣馬山どちらから行くべき?行き方と所要時間について

高尾山には登った事がある方でも高尾山縦走コースへは行った事がなく どっちの山から登ればいいのか?よくわからない方へ 私がおすすめするコースをこれから紹介していきます。 どっちか迷ったら陣馬山から行く理…

続きを読む

ペット 高尾山,高尾山 ケーブルカー ペット

高尾山にペットと散歩はマナー違反?ケーブルカーについても

高尾山にペットを連れて行ったらマナー違反だと思われますか? 登山をする人達は、犬を連れ散歩をしている事をどう思っているのか知りたい。 ケーブルカーには犬をのせていけるのなども混ぜながら書いていきます。…

続きを読む

関連記事

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ