海外

ハワイでチップ渡さないとダメ?相場や払い方について

投稿日:

日本には馴染みがないチップ制度。

アメリカではチップを払うのは当たり前のようですが、

ハワイってどうなんでしょう?

払う必要があるの?

払わないでいいならもちろん払いたくない

そこで今回は、こんな内容

★記事で分かる内容は?

・なぜチップを払うのか?

・ハワイにチップ習慣はあるのか?

・どんな場所で払う必要があるの?

・チップの相場は?

スポンサーリンク

ハワイにチップの習慣はあるのか?

日本では、レストランの店員さんに

「はい、これチップあげる」

なんて渡しても、驚いてこう言われますよね

 

「会社の決まりでお金は受け取れないんで、ごめんなさい」

 

日本では受け取ってくれませんが、

海外ではチップを喜んで受け取ってくれますね。

でも、そもそもなんでチップなんて渡す必要があるのでしょうか?

なぜチップを渡す必要があるのか?

チップを受け取る人達(サービス業など)のお給料は、

チップが貰える前提なので、最初から賃金が低めの設定なんです。

お客さんから頂けるチップはある意味、大切なお給料なんです。

その代わり、店員さんも努力しないとチップがもらえないので、

質の良いサービスを提供するように心がけています。

その努力のおかげでお店が繁盛します。

繁盛すればするほど、店員さんもチップが多くもらえます。

お客さんも、もちろん気持ちよく食事を楽しめますね。

お店、店員さん、お客さん、

全ての人が「WINWIN」な関係になれます。

それがチップ制度の良い面ですね。

でもそれは、最初からチップが根強く染みついている国の場合です。

ハワイにチップ制度あるの?

ハワイにはチップを渡す文化があるのか

?と聞かれると

 

あると言えばある

ないと言えばない

 

「微妙にある」というのが正解かと思います。

・・・( 一一)

ざっくり、一言で説明すると

チップを渡す場所は限られているので、普通に旅行する分にはあまり気にしなくてもいい

これが答えです。

 

ちなみに、僕はハワイ旅行でチップを払った記憶がありません。

なぜだと思いますか?

それは、僕がチップを払うような場所や、交通機関に乗れない貧乏人だから!

という事は、ハワイで贅沢しなければチップを気にしなくてもいいという事になります。

では、どんな場所ならチップを払う必要があるのか?をこれから説明していきます。

ハワイでチップを払う場面と相場!

チップを払ったほうがスマートな場面は、

・レストラン

・ホテル

・交通機関

それぞれどんなシチュエーションで渡すのか?チップの相場も一緒に紹介していきます。

レストラン編

ハワイでは一人の店員さんが同じテーブルを担当してくれますので、同じ店員さんが毎回料理を運んできてくれます。

その店員さんにチップを渡すのですが、

食事が終わると店員さんが伝票を持ってきてくれます。

伝票には、チップの料金が含まれていないのが基本だと覚えておいて下さい。

チップが含まれているタイプなら領収書に

「GRATUITY INCLUDED」

「TIP INCLUDED」

「SERVICE CHARGE INCLUDED」

と書いてあるので、書いてあるならチップは払う必要がありません。

 

チップが含まれていない場合のレシートはこんな感じで書いてあります。

Balance Dueの右の数字が合計金額です、

 

Suggested Gratuity は、

何%分のチップを渡せばいいのか

わざわざ書いてあります。

 

例えば、上のレシートを参考にすると

合計金額=58.06ドル

チップを18%分渡すなら、9.98ドルがプラスで必要ということです。

 

チップを含めた料金は、

58.06+9.98ドル=68.04ドル

という事になります。

ちょっとややこしいので、僕は伝票に書いてある金額を最初に払って、最後に店員さんにチップを別で渡すようにしています。

レストラン、チップ相場は?

上の写真で分かるように

チップの相場が、領収書(レシート)の下の方に書いている場合があるのでそちらを参考にしてください。

高級レストランの場合は、18~25%

普通のレストランの場合は、15~18%

フードコートの場合は?

僕が行ったフードコートは、プレートの中に料理を入れてくれるタイプで自分で取りに行くシステムでした。チップボックスなどもなくチップを払う人も見かけたことがないので、

ほとんどのフードコートでは、チップを払う必要がありません

 

フードコートでもたまに、お会計時にペンを渡される場合があります。

このペンを渡される意味は、何ドルのチップを頂けますか?という意味になるので、

その時は、1ドルと書いて払うといいと思います。

テイクアウト、コーヒーショップ、BARは?

・テイクアウト店

レストランって高いですよね~。

だから僕はホテルの近くにあった激安韓国料理テイクアウト専門店に行ってきました。地元の人もたくさん入っていたので味も期待通りおいしかったです。

チップは払っている人がいなかったので、払わなかったです。

・カフェ

エッグスシングスとか有名なお店、カフェもチップを払う必要はありませんが

受付の隣にTip boxと書いてある箱があるので、渡したい人はそこに1ドル札を入れてあげるといいと思います。

・BAR

ハワイにはオシャレなバーがたくさんあります。入るとカウンターに座ってゆっくりお酒を楽しんでいる人がたくさんいました。僕も地ビールを頼んでみたのですが

特にチップを渡す感じでもなく、渡している人もいませんでした。高級なBARに行かない限りチップを払う必要はなさそうですね。

チップを渡すなら1杯で1ドルが相場です。

スポンサーリンク

ホテル編

この間、この上の写真に載せているホテルに泊まりましたが、チップは払いませんでした。

というよりも、恥ずかしながら最初の頃はチップを払う必要があるのかすら気にしていなかったので知りませんでした。

荷物を運んでくれるボーイさん

ホテルに着きチェックインを済ませたら、荷物を部屋まで運んでくれる人がいます。

その人が部屋まで上がってくれて、部屋の説明もしてくれます。

部屋を出ていく前にチップを手渡しで、

荷物一個に対して1ドルを手渡してあげるといいでしょう。

ホテルによっては、荷物を運んでくれない場合もあるので、

その時はチップは必要ありません。

ハウスキーパーさん

連泊する場合は、部屋の清掃をしてくれるクリーナーの方に渡します。

枕元かテレビ、テーブル、ベットの上の分かりやすい位置

1ドル~3ドル置いてあげましょう。

その時は、Thank you と書いた紙の上に1ドル札を置くと

とってもスマートです。

最終日にまとめてチップを置いていく人もいますが、掃除する人は毎日同じ人でない可能性があるので、できれば1日ごとにチップは置いておきましょう。

 

どうしてもチップを渡したくない人は、

部屋を掃除しなくてもいいですよ!というドアノブにかけるプレートがあるのでそのプレートを出かける時にかけておきましょう。

 

掃除しないでください→Don’t Disturb

掃除してください→Make Up Room

こんな風に英語で表記しています。

プレートがない場合は、ホテルのフロントに言えばOKです。

ホテルの中にあるレストランは?

ホテルによっては、

バイキングや朝食も付いている事もありますがチップは特に必要ありません。

バイキングは自ら料理を取り行くので必要ないです。

飲み物や料理を運んでくれるレストランなら

10%くらいのチップを店員さんにあげるといいでしょう。

交通機関

ハワイには電車が走っていないので、

主な交通手段は、バスか、タクシーです。

日本人が一番多く利用されるのは、ホテルの前からでも乗れる

シャトルバスだと思うので初めに初めにシャトルバスのチップについてお話します。

シャトルバス

シャトルバスはワイキキとアラモアナセンターを行き来しています。

ホテルの目の前からバスが出ているという事もあり大変便利で僕もよく利用させてもらいました。

本当なら、1乗車で2ドル払わないといけませんが、JCBのカードを見せると誰でも無料になります。

JCBは、ショッピングセンターでも割引されたりとってもハワイでは優遇されるクレジットカードなので、持っていない方はすぐに作っておきましょう。

チップに関してですが、

シャトルバスの運転手にチップは必要ありません。渡している人も見たことがないので安心して乗って下さい。

タクシー

日本のように手を挙げてタクシーを止めるタイプではないハワイのタクシーに乗るには、

ホテルの受付の人に頼むか自分でネットを使い呼びます。

受付の人にタクシーを呼んでもらうよう頼んだらその人にもチップを1~2ドル渡してあげましょう。

タクシーのチップは、料金の15%が相場

渡す時は、お会計時に一緒に渡してあげましょう。

クレジットカードで支払うと、チップの料金が多めに含まれていたりというトラブルがたくさん発生しているので現金が一番いいと思います。

チップをあげる時に使える英会話

チップをあげる時になんて言っていいのか分からない人のために簡単に使える英会話を紹介していきます。

 

・Thank you(ありがとう)

とっさに出てこなそうなら、もうこのフレーズだけでOKです。

チップを渡す時、荷物を運んでもらった時、どんなシチュエーションでも使えます。

 

・Thank you for your help

(どうもありがとうございます)

直訳すると手伝ってくれてありがとう、という意味になるので、

例えば

荷物を運んでくれるボーイさん、タクシーの運転手に使えます。

・I don’t need change. Thank you!

(お釣はいりません。ありがとう)

チップを含めた料金を渡すシチュエーションの時に使ってください。

 

・Is the tip included in the bill?

(お会計にチップは含まれていますか)

伝票をみてもチップが含まれているのか分からなかったら聞いてみましょう。

 

・Could you break this for me?

(お金を崩してもらえますか?)

大きいお金しかもってなかったら、使ってみてください。

 

チップをあげてThank youと言われたときに返す言葉でよく使われる言葉は、

You’re welcome.

もちろんこれでもOKです。これ以外に使える言葉は

No problem.

 

チップについて知ってほしい3つ

1、小銭で渡さない事

チップは小銭で渡すと、あなたのサービスは最低という意味合いになるので

絶対に小銭では渡さないようにしておきましょう。

2、相場に合わせる事

サービスがものすごくよかった。とても良い気分になれたから、10%の相場のところを30%分のチップをあげてみたい!

そんな気持ちも分かるのですが、あげすぎても逆に違和感を感じられるので

相場に合わせてチップは渡し下さい。

3、1ドル札を用意しておくこと

チップが必要になってくる場面はいつ訪れるかわかりません。

なので、1ドル札を多めに確保していつでも出せる用意をしておきましょう。

 

ホテルのチェックインする前は大きいお金しか持っていない人も多くいるので

ボーイさんのために1ドル札は、最初から用意しておくことをおすすめします。

 

チップを払わないとどうなるの?

チップを払わないと嫌な顔されたり、何か言ってきそうですが実はそんな事はありません。

ハワイは観光業が盛んな国で、地元の人たちは世界からやって来る観光客を毎日見てます。

 

 

僕みたいに、チップの事を何も知らないでやってくる人たちもたくさんいます。

 

チップを渡さないと何かが起きるとして、それが何かあえて言うと

部屋の掃除がちょっと雑になる

ボーイさんの顔がキョトンする

たまーにこんな事が起きるくらいなので特に心配する必要はありません。

さいごに

ハワイにいる人たちも我々がチップ文化がない事くらい知っています。

日本人だけでなく、たくさんの国の観光客相手にいちいちチップで文句を言ってくることはまずないでしょう。

しかし、チップの事情を冒頭で書いた通り

チップをもらう前提での安めのお給料で働いているサービス業の人の気持ちを考えると

これからはチップを払っていきたいなと考えるようになりました。

 

最後までご愛読ありがとうございました。

スポンサーリンク





-海外
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハワイ チップ 渡さない,ハワイ チップ 払わない,ハワイ チップ 渡さない

ハワイでチップを渡さないとダメ?払わないとどうなる?あげない方法は?

ハワイでチップ制度がある事は分かっていますが、チップを払うと結構な金額を取られますよね? チップは、絶対に渡さないとだめなのでしょうか? この記事を見れば、払わないとどんな事が起きるのか、渡したくない…

続きを読む

アメリカ チップ 渡さない,アメリカ チップ 必要,アメリカ チップ 廃止

アメリカでチップを渡さない実験したら本当に必要か分かった!廃止にできない理由は?

アメリカでのチップ制度は、 日本人にはまったく馴染みがなくチップをあげる基準や渡し方も人によってバラバラ。 だったら知らないふりをしてあげてみない作戦をしてみたらどうなるのか? おもしろい実験結果がで…

続きを読む

海外旅行 子供 預ける,海外旅行 子供 置いて,海外旅行 子供 影響

海外旅行で子供を預ける事は許される?置いていかれた気持ちと今後影響は?

子供も少し大きくなってきたし我慢していた海外旅行に友達と行きたい。 けど、子供を置いて行く人ってどう思う? 置いていかれる子供の気持ちと子供への今後の影響とは? 一般的にみんなどう思っているのかを書い…

続きを読む

海外旅行 男一人旅,海外旅行 一人旅,難易度 海外旅行 一人旅 ビーチ

海外旅行で男一人旅はどこが人気?難易度が低くてビーチがきれいな場所は?

ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始での長期休みに一人で旅行を考えている方に、どこが人気の国なのか? 一人なので、安全で難易度が低くビーチでゆっくりしたいなと考えているあなたにぴったりな国を紹介します…

続きを読む

留学初日からホームシックの人っている?,留学のホームシック克服方法,留学のホームシックはどう乗り越える?

留学初日からホームシックの人は何割?体験談で分かる克服方法と乗り越えるには?

初日から家族や恋人を思い出し、 すでに泣きっぱなし、いっそう明日にでも日本に帰国しようかと真剣に悩んでいる方。   「罰金か刑務所にはいるかどっちかにしろ」 私が味わった苦いホームシックエピ…

続きを読む