ライフ

元いじめられっ子の将来が負け組になるという真っ赤なウソ!

投稿日:

わが子がいじめられていて、将来不安と思っている親御さん

安心して下さい。

逆に将来、めちゃくちゃ明るいです。

むしろ、いじめている子の親が不安になったほうがいいくらい。

 

では、なぜいじめられているのに

明るい人生が待っているのかをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

元いじめられっ子だった僕の特徴

僕は幼稚園~中学3年生までいじめられ続けました。

1日中教室の掃除用具に閉じ込められたり

チョークがついた黒板消しで頭が真っ白になったり

天下一武道会ごっこで体に傷がついたり

あだ名が暗闇と名付けられるほど

いじめられる素質がある子でした。

そんな僕みたいないじめられっ子は将来負け組?

・・・いやいや、逆です。

今ではいじめられていてよかったとさえ思っています。

 

 

いじめられっ子に原因がある?

いじめる側はもちろん

いじめられる側にも問題があるのでは?

テレビなどを見ていると、よくこんな議論もされています。

たしかに、僕はいじめられているときこんな性格だったかもしれません・・・

いじめられっ子の特徴

・性格が暗い

・服装がださい

・さえない

・友達がいない

・成績が悪い

・筋力が弱い

・自信がない

僕は、いろんな面でいじめの対象になったのかもしれません。

しかし、これは主な原因ではないと思います。

本当の原因は、自己肯定感の無さ

つまり、自分が好きになれなかったのが原因だったのかなって今では思います。

自分が好きになれたら、自分に自信がつき

人に何を言われても気にしないで生きてこれたのだと思います。

いじめられる子が強くなれる理由

いじめられっ子は将来もいじめられる運命だと勘違いする人が多い気がしますが

逆です。

いじめられると、その時はたしかに委縮して弱くなってしまいます。

しかし、いじめに合った経験は

将来とてつもなく強い武器となり、その武器を手に入れて強い大人になれます。

だって、小さいころからそんな辛い経験なかなかできませんよね?

でも人間は、

生きていくうちに、必ず辛い経験や挫折を味わうことになります。

そんな挫折や辛い経験を大人になっても味わった事がない人が

突然くる辛い出来事に耐えられると思いますか?

辛い経験をしたことがない人は、

辛い事を回避しようと考え始め

大人になっても逃げの一手を考え続ける人生を歩むことになるでしょう。

 

一方のいじめられた人は、辛い事はもう経験済み。

普通なら辛い感じることでも、そこまで辛いと感じずに生きられます。

そうなってくると、いろんな事に躊躇なく挑戦でき

普通の人よりも幅広く幸せに生きられるようになるでしょう。

いじめれっ子は将来・・・

・いろんなことに挑戦できる・辛いのレベルを軽減できる

・人にやさしくできる

いじめっ子は将来・・・

・挑戦する事が怖くなる・辛さから逃げ続ける事になる

・人の気持ちを理解できなくなる

いじめられた経験が役に立った例

いじめられる人の気持ちはいじめられた人でないと絶対に分かりません。

その証拠に、いじめた人にあの時よくもいじめてくれたなって言っても

「え?俺いじめてたっけ?」

となります。

いじめた本人はいじめていた自覚はありません。

いじめられた人は、一生忘れる事はないでしょう。

 

しかし、いじめられっ子はいじめられる気持ちがわかるので

将来人にやさしくできる特徴があるんです。

友達が困っていた時、落ち込んでいるとき

親身になって相談にのってあげたりできます。

 

・いろんな事に挑戦できた事

僕はいじめにあったおかげで、

たいていの事は、恐怖に感じなくなりました。

中学を卒業していじめから解放されて、

今までいろんなことに挑戦してきました。

例えば、留学

英語も全く話せない頭の悪い僕が

友達も誰もいない海外に、

躊躇せず一人の力で生活し、

英語を話せるようになりました。

それもいじめられて、辛い経験をしたからできたことだと思います。

僕がいじめられず、ぬくぬくと生きていたら

絶対に海外留学なんて考えしなかったはずです。

 


スポンサーリンク

元いじめっ子のかわいそうな将来

ネットでは、いじめる子は輪の中心になれ

統率力に長けて、将来は勝ち組になれるなんて言われていますが、

僕をいじめていた方たちは、

勝ち組と言われる人生を歩んでいるようには見えません。

ほとんど普通の生活をして息をしている動物みたいに思えます。

この間、同窓会で会った時も

「今は何してるの?」って聞くと

普通に会社で働いて、普通に生活している。

そんな人が多かったです。

一方のいじめられていた人達に話を聞くと

テレビ局で働いてるとか、会社を立ち上げたとか

いろんなことに挑戦していて、目が輝いていました。

もちろん、普通の会社で働いている人もいますし、

起業に失敗して落ち込んでいる人もいましたけど

目が死んでないというか

それでも、充実しているなって感じがすごく伝わるんです。

 

いじめていた人とはなんか違うなって思うんです。

いじめられている子供にしてあげられること

もしこの記事を見ている人が

現在いじめられているお母さん、お父さんなら

いじめられている子どもを信じて見守っていてあげてください。

 

いじめられている時は、辛いし自殺なんて考える人もいますが

彼らは今戦っていて、確実に成長し強くなろうとしています。

いじめが続いて見てられない気持ちはわかりますが、

優しい言葉をかけてもその言葉が逆にプレッシャーになってしまうこともあります。

 

僕の親も僕がいじめられていた事は知っていて

「大丈夫?平気?学校休んでもいいのよ」

なんて、言葉をかけてくれましたが

その言葉が逆に親に迷惑をかけていると思い

無理やり学校に行き、いじめられ続けました。

親が悪いなんて言っていません。

いじめを解決するには本人の意思が大事なんです。

いじめから解放できるたった1つの方法

小学校、中学校でいじめる子は、

自分より弱いと思う相手にしかいじめることはしません。

という事は物理的に強くなればいいんです。

そう、格闘技を習わさせてください。

格闘技を習わせて、反撃しろという事ではありません。

それをやってしまうと、いじめっ子側になり将来不幸になります。

格闘技を習わせて、肉体的に強くなってください。

肉体に自信が持てると、人は自信がつきます。

僕はタイでムエタイを習ったのが初めてでしたが、

いじめられる前に習っていればいじめられることはなかったと思います。

単純ですが、何かを極めれば自信がつくのは明確です。

さいごに

いじめられっ子は、大人になったら負け組なんてのはうそです。

その証拠に僕は大人になったいま幸せに暮らせています。

世界を飛び回り、こうしてネットでも稼げるようになり

好きなことを毎日やっています。

いじめていた子に対しても今では許せる心も持てました。

会社で落ち込んでいる人に対してもやさしくアドバイスでき

会社でパワハラしてくる上司も成敗できる

強い心の武器もあります。

いじめられっ子を憐れむように見ないでください。

むしろ将来有望になれる良いチャンスとさえ思って、

信じて見守っていてください。

スポンサーリンク





-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初任給 プレゼント 父親,父親 プレゼント 喜ぶ,父親 プレゼント 高級

初任給のプレゼントをお酒好きな父親へ!本当に喜ぶものは?高級にする理由

初給料や初ボーナスにお酒が大好きな父へのおすすめプレゼントは? 父が本当にうれしいと思うプレゼントとは一体なにか? 安くすまそうと思ってはいけない理由に注目です! この記事で分かる内容は? ・初任給の…

続きを読む

犬 死んだ 生き返る,犬 死んだら 魂,犬 死んだ 悲しくない

犬が死んだ後生き返るあれって何?魂はどこへ?もう悲しくないっておかしい?

大切な愛犬がいなくなってまだ、そんなに経ってないけど 一瞬生き返ったあれってなんだったんでしょう? 犬の魂は一体どこへ行ってしまうのか? 死んだ時はあんだけ悲しんで、泣いていたのにもうそこまで悲しくな…

続きを読む

犬 蚊 刺されない,犬 蚊 かゆい,犬 蚊 散歩

犬は蚊に刺されない?かゆいと感じる?散歩時にできる対策は?

あんなに毛深いペットなどの動物って蚊に刺されるの? 刺されたら痒いと感じるんでしょうか? 夏場、屋外にだしていたり散歩をする時にできる蚊に刺されない対策を知りたいという方におすすめな記事内容です。 こ…

続きを読む

ベーシックインカムって何?メリットデメリットや現実的にどうなの?

名前は聞いた事もあるかと思いますが 今回は、ベーシックインカムとはそもそも 何なのか?メリットやデメリット 現実的に導入されるんでしょうか? 今回、ご紹介する内容は、 ・ベーシックインカムって何? ・…

続きを読む

友達 お金 借りる,友達 お金 貸す,友達 お金 トラブル

友達にお金を借りる人の心理とは?貸す意味とトラブル回避方法を紹介

友達にお金を貸しました。 でも、返ってこないのは何で? どんな神経して借りるの? 貸すということの本当の意味を知り、 これから友達とお金の関係でトラブルにならないようにしましょう。 この記事で分かる内…

続きを読む