タイ

タイで男一人旅は大丈夫?危険な事は?オススメ観光スポットは?

投稿日:2017年11月28日 更新日:

タイに一人旅をしたいけどまだ一度も海外に行ったことないから不安。

タイの治安や現地での英語の必要性なんかも紹介します。

 

一人旅なら絶対に行った方がいい観光スポットや、一週間滞在したらいくら必要なのかの予算の目安も書いています。

スポンサーリンク

タイで男一人旅は大丈夫?

日本人が行きたい国ランキングでいつも上位に入っているタイですが、

人気の理由はやっぱり、タイ人女性が

可愛くて、エロくて、スタイル良くて髪がきれいで・・・女目的やん(^o^)丿

いや、女目的以外でも物価が安くて、お寺が魅力的で、物価が安くて・・・ないやん

そう、男性がタイに行く目的は1つ。夜遊びですよね~ヽ(^。^)ノ

分かりますその気持ち。

でも、タイってなんだか治安が悪そうで1人で行っても平気なの?って感じですよね。

でも

大丈夫。

危ない場所は、繁華街、クラブなどの夜遊びスポットだけです。

普通に観光目的で来られる方は、まったく気にする事はありません。

女遊びをしたいのであれば、財布をポケットにしまい高価なアクセサリーは付けずに

必要最低限の現金だけを持ち歩いて行動して下さい。

現地では英語は通じる?

タイ人の英語力は日本人と比べると、ちょっとうまく話せるくらいです。

若い人は、普通に英語が話せますが、お年寄りのタイ人はほとんど話せません。

タイにいるどんな人が英語が話せるの

○ホテルの受付の人

○デパートの従業員

○コーヒーショップの店員

○お土産屋さんの従業員

○マックの店員

○日本食で働いている店員

どんな人が話せないの?

×屋台の人

×ガソリンスタンドの従業員

×歩いている人

×ナイトマーケットにいる人

×電車や地下鉄にいる警備員

タイ人の英語は、最初なまりがひどいので聞き取りにくいと思いますが

3日もいれば慣れてきます。

1人旅の難易度が低いタイでは、何にも心配する事はありませんが危険な事に巻き込まれないためにもどんな危険が潜んでいるのかをこれから紹介していきます。

 

タイに男一人旅で危険な事は?

海外が初めての方が、日本にいる感覚でタイに来ると、さすがに危険に巻き込まれる事もあるので、いくつか気をつけておかなければならない事を紹介します。

1、夜遊び

2、食

3、スリ

4、タクシー

1、夜遊び

危険に巻き込まれる日本人男性のほとんど。

初海外だし、つい開放的になってしまい酔っ払って警戒心の意識は下がり、お金を盗まれたり、ぼったくられたりします。

楽しむ事は、良いと思いますがはめをはずしすぎないよう

ちゃんと意識をハッキリ持ちながらほどほどに遊びましょうね。

特に気をつけたい事はこれ。

・おかまちゃんは要注意

おかまは一見女性より奇麗ですが中身は男なので、あなたのお金を狙ってあらゆる手で誘ってきます。

・キャッチの人にも注意

キャッチする輩は、たいていぼったくり店に連れて行こうとしてきますので、キャッチはシカトしましょう。

・請求の金額に注意

こっちが酔っ払っているからって、ぼったくりな金額を要求してくる時がありますので何を頼んだのか?何杯頼んだのかを把握しておきましょう。

・おつりが戻ってこない?

お店でお酒を飲んだりして、お会計が1100バーツだったとします。

2000バーツ払い、残りの900バーツを待っていたらいつまで経ってもお釣りがこない・・・なんて事も頻繁に起きますので、ご注意ください。

・2階だけは絶対に行かない

2階に入ったら扉を閉められて出られなくなります。

一度入ると、中にはマフィアが潜んでいる時もあります。

私は、そんな苦い経験が1回だけありました・・・(๑˃̵ᴗ˂̵)

もし遊びたかったら、1階の誰でも見れる、お客さんが多いお店に行くとか、現地で仲良くなった人と一緒に行くようにしましょう。

2、食

食で、危険な事は食中毒とです。

屋台で食べるときは特に気をつけて下さい。

テーブルの上に不用意に置いてある調味料やチリは食べない方がいいでしょう。

水が原因でお腹を壊す人がたくさんいますので、セブンイレブンの水を買って持ち込みしましょう。

タイは持ち込みが許されています。

3、スリ

散歩していると、お昼でもいきなりリュックを切り裂いて気付いた時には財布がない。

といったケースは私自身体験したので注意しましょう。

リュックの中には財布は入れずポケットに閉っておきましょう。

肩にかけるカバンは、必ず前にチャックがくるようにかけるようにしましょうね。

4、タクシー

バンコクには、

バス、タクシー、バイク、バン

いろんな乗り物があると思いますが、

タクシーを使えば料金も安くて便利ですね。

しかし、タイのタクシー運転手の

・運転の荒さ

・乗車拒否

・メーター改造

など結構トラブルが多いので気をつけて下さい。

タイのタクシーは安全?上手な乗り方と注意点

この記事を見れば、ボッタくりタクシーに出会わないで済みます。

 

また、最近では日本人観光客がツアーでアユタヤに行き
バンに乗っていた日本人何人かが亡くなったと報道されました。

原因は、運転手の居眠りらしいですが

運転手だけ助かったと聞いています。

これは、防ぎようがないトラブルですが、私はどこに行く時も車内では絶対にシートベルトを着用しています。

バンに乗る時はシートベルトはしましょう。

運転手だけ助かったのはシートベルトを着用していたかたらでもあります。

スポンサーリンク

タイに男一人旅オススメの観光スポットは?

日本とは違う寺や遺跡を満喫

アンコールワット

個人によって好き好きだと思いますが、

まずは、お寺を1回くらいは見てもいいんじゃないと思います。

アンコールワット、ワットポーが有名なのでお勧めです。

中に入る時は半ズボンでは、入場できない場所がありますので服装には注意が必要です。

またアユタヤは世界遺産の遺跡がある有名な観光スポットで1人ならぜひ行ってみて下さい

ストリートファイターをやったことがある方ならわかると思いますが、サガットのステージで、後ろにねはん像の大仏がいたのを覚えていますか?

それを見る事ができます。場所はバンコクからでもすぐ行けて電車で何と往復120円!!!

電車で行くのがおもしろいですよ。ゆっくり進んで一人旅ではもってこいのスピードです。

アユタヤの行き方は、MRTとゆう地下鉄の始発駅で、フアランボ一ン駅(HuaLam phong)から乗り換えなしで1時間もあれば行けます。

お酒を堪能する

タイ ビール

タイでは欧米人が好きそうなバーがたくさんあり

ビールもかなりいけます。バーで飲むと、

だいたい1杯200バーツ(600円)

しますが中の雰囲気もいいし、日本と違い周りは外人だらけなので簡単に友達になれたりします。

オススメのお酒はERDONGERエルディンガーというドイツのお酒です。

場所は、スクンビットsoi29の近く。

2杯頼むと1杯無料になるプロモーションが

1年中やっているのでお得ですよ。

また、タイのコンビニではタイビールが売っていますので
いろいろ試してみてはいかがですか?

詳しくは、タイのセブンイレブンにあるお酒の種類は?買える時間とオススメ情報

体験ムエイタイをやってみる

ムエイタイ

タイといえばムエイタイですね。

格闘技が得意でない方でも体験なら

殴ったりスパーリングをしたりしなくても

いいので、体験して写真など撮りみんなに自慢してやりましょう。

私が通っているCheeks Thai Boxing Club

1回500バーツ(1500円)の体験コースは初心者でも丁寧に教えてくれます。

モデルさんや女優さんがたくさん来ていて

可愛い子しかいないのでびっくりしますよ(^_^)

男性は、かなり少ないジムなので狙い目です

ムエタイ体験談をしてきた記事はこちら

奇麗な島を観光する

タイ島タイ島

タイにある島は、小さいのも含めると1000以上あります。

特に奇麗な島で有名なプーケットやクラビー、秘境と言われるタオ島。

あげればきりがありませんが、まだまだ日本のネット情報ではでていない、隠れ離島が存在します。

沖縄より奇麗で幻想的だと思います。

沖縄も本島から離れたところは奇麗だと思いますが、タイはなんといってもコストが安いし海が温泉並みにあったかくて気持ちいですし熱帯魚がそこらへんにいます。

バンコクから近いパタヤに行くのもいいと思います。

島では、バイクを1日貸し切って走ったり、ビーチの上でのんびりできます。

普段疲れている方にとっては最高の場所です。

バンコクから500円で行けるビーチがある?

なんとなんと、バンコクから500円で行けるビーチがあるって知っていましたか?

しかも、パタヤビーチよりきれいで人もいないプライベートビーチが存在します。その島はシーチャン島という名前で、まだあまり知られていないからこそきれいでのんびりできる島なんです。

どうやって行くかわからないけど・・・?

大丈夫です。写真付きでバンコクからものすごく詳しく書いている記事があります。

シーチャン島の行き方と船の時刻やレンタルバイク使用方法

実際に行って来て食事、ビーチの写真、観光スポットなど詳しくのせています。

スポンサーリンク

マーケットで買い物

チャットチャックタイお土産

タイといえば、マーケットですが、おすすめの場所は2つ。

ウィークエンドマーケット

ナイトマーケット

 

タイにしかない珍しいお土産が安く手に入りますよ。

彼女や、日本にいる女友達にどんなお土産がいいのかまだ決まっていない方はこちらの記事を参考にして下さいね。めずらしい物しか載せていませんので女性は喜びますよ(^o^)丿

タイのお土産で女性に喜ばれるものは何?場所と値段を紹介

 

☆ガイドブックにものっていないタイの超穴場観光スポット☆

一人旅にぴったりな秘境。

あまりにもマイナーすぎて誰も知らない場所を知りたくありませんか?

穴場観光スポットをまとめた記事をのせますのでぜひ見て下さい。

タイの穴場観光おすすめスポット厳選6選!インスタ映えの写真も公開

一週間滞在した時の予算はいくら?

航空券は?

安いLCCを使ってだいたい往復で5万。

食費は?

タイ料理の一食の値段は150円ほどなので、1日1000円あれば足ります。

交通費は?

タクシーの初乗りは100円で、30分乗っていても600円しないです。

宿泊は?

2000円もあれば、割と良いビジネスホテルに泊まれます。

私が、一週間滞在して実際にかかった費用

食費・・・5000円
お酒代・・・15000円
観光・・・(お寺入場料)2000円
交通費・・・5000円
ムエイタイ体験1回・・・1500円
航空券(往復)・・・5万円
宿泊代・・・1万4000円
お土産代・・・5000円

合計、1週間で9万2500円/週

夜遊び代を安く済ませれば、だいたい1週間の目安が10万あれば心配ないでしょう。

航空券も含まれてますので、かなり安上がりで済む事が分かって頂けると思います。

まとめ

海外旅行が初めての方や、タイが初めての方は少し不安に思われるかもしれませんが、

世界の観光地と呼ばれるだけあってとても魅力的ですし観光しやすいのです。

めったにトラブルに巻きこまれる事はありませんが、繁華街に行く際には細心の注意を払って適度に遊んで下さい。

旅費は、1週間いたとしても10万円もかからないので
他の国と比べると、リーズナブルではないんでしょうか?

スポンサーリンク





-タイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイの現地採用で働く前の準備は?,タイの現地採用で使う英語力は必要は?,タイの現地採用の現実はどうなの?

タイの現地採用で働く前の準備は?英語力やタイ語は必要?現実はどう?

現在、日本で仕事がうまくいっていない方た 日本でモヤモヤして早く日本から出て、 タイに行って現地で仕事を探したい。 でも、何から始めていいのか分からない人は少なくないのではないでしょうか? 気持ちは痛…

続きを読む

タイの空港に早朝到着の場合良い両替所はあるの?,タイの空港からでている電車の始発は何時?,タイの空港からでているタクシーの始発の時間は?

タイの空港に早朝到着の場合良い両替所はあるの?電車とタクシー始発時間は?

タイのスワンナプーム空港に早朝着の場合、空港での両替は現地レートと、どのくらい違う? 空港からでている電車やタクシーの時間は何時からでているのかわからないと悩んでいる方。 早朝に着いても、お得に両替が…

続きを読む

シーチャン島のビーチはシュノーケルはできる?,シーチャン島のビーチでシャワーの使い方,シーチャン島のビーチでの食事の方法は?

シーチャン島のビーチはシュノーケルはできる?シャワーと食事の方法は?

タイのシラチャにあるシーチャン島は、バンコクから1番近くて穴場スポットですが、ビーチでは、シュノーケルなどのアクティビティはできるでしょうか?シャワーの使い方や気になる食事の方法にも注目して下さい。 …

続きを読む

シーチャン島でホテルの探し方は?,シーチャン島の観光スポットどこ?,シーチャン島釣り場の行き方,シーチャン島で食事を紹介

シーチャン島でホテルの探し方は?観光スポットは?食事は?

バンコクから一番近い島で、交通費は往復1300円で ホテルも安いので手軽に行ける島です。 ホテルの探し方や観光スポット(釣りスポットやビーチ)を紹介します。 実際に行って写真をとってきましたので 食事…

続きを読む

実際現地採用で働いてみて分かる事や経験談を書いていきます。タイで現地採用として働くとしたら、事前準備は何をすればいい?英語力はどれくらい必要なのか?現地採用の現実っていったいどうなのか?これらを1つ1つ解決していきます。

タイの現地採用で企業が求める人材は?面接時に聞かれる質問と質問する内容は?

タイで現地採用として働きたい人はまず企業面接をクリアしなくてはいけませんよね。 企業がなにを望んでいるのかを考える事により自然とやるべき事は何なのかが 分かるのではないでしょうか? そこで、今回の記事…

続きを読む