海外

ハワイでチップが必要な場面は?正しい渡し方と相場を紹介

投稿日:2018年3月5日 更新日:

ハワイでチップをあげるのは知っているけど、どういった場面であげればいいのかよく分かりませんよね?
場面別(ホテル、食事、交通機関)でのチップの有無や渡し方、相場を紹介します。相場が一目で分かる早見表も書いてあります。

知らないと、現地の人から冷ややかな目で・・・(-.-)

記事に書いてある内容は?

・ハワイでチップが必要な場面は?

・ハワイでチップの渡し方を紹介

・ハワイでチップの相場はいくら?

スポンサーリンク

ハワイでチップが必要な場面は?

日本では馴染みがないチップ制度ですが、ハワイやアメリカでは当たり前の習慣なんです。

そんなの知らないよ<(`^´)>

って言いたい気持ちも分かりますが、
現地に行ったら現地の文化や習慣に合わせるのは礼儀でありマナーです。

日本に来る外人のみなさんは日本に来てビックリする事がたくさんあるそうです。
例えば、電車に乗って電話で話さないのは日本独特の文化と言えますが外国では電車で電話で話してもなんの問題もありません。

それと同じでハワイでもチップを払う事はマナーだとわりきっておきましょうね。

では、早速どんな場面でチップを払わなくてはいけないのか?詳しく解説していきます。

☑ホテルでチップが必要な場面

・シャトルバス/バン/リムジン
空港まで迎えに来てくれる乗り物はいろんな種類がありますが、運転手に渡す渡さないの境界線は
荷物を持ってくれる場合のみ渡しましょう。荷物をもってくれない場合は、渡す必要がありません。

・ポーター
ホテルに到着してチェックインすると、ポーターさんに荷物を運んでもらいます。荷物を運んでもらったらチップを渡す必要があります。

・ルームサービス/ベットメイキング
部屋の清掃、掃除、タオル交換などルームサービスを頼んだ場合はチップを払う必要がありますが、ルームサービス料金がホテル代に入っている場合がありますので
その場合は払う必要がありません。
ベットメイキングは連泊するとチップを払う必要があります。

・朝食
ホテルの朝食付きでよくバイキングビュッフェなどが堪能できますが、この場合少し気をつけて下さい。

バイキングでは、自分で食事をよそって、テーブルまで運んで食べるとチップは必要ありません。
バイキングでも、テーブルについてウェイターの人が料理を持ってきてくれる場合は払う必要があります。

ホテルでチップが必要ない場面

・フロント(受付カウンター)
チェックインやチェックアウト時に荷物などを預ける場合でもチップをあげる必要がありません。

・ホテル内のバー
カウンターで飲んだりする場合はあげる必要がありませんが、ドリンクを持ってきてもらう場合はあげる必要があります。

☑食事でチップが必要な場面

・レストラン
レストランに行くとチップを渡す必要があります。しかし、チップ料金が含まれている場合がありますので(レシートに書いてある)
その場合はあげなくてもいいでしょう。
チップ込みと伝票レシートに書いてある場合は、
Service Charge(S/C)又はGRATUITY INCLUDED TIP・・・と書いてあります。

GRATUITYとは、心付けという意味で、INCLUDEDとは含むって意味になります。

・パンケーキ屋さん
お店のシステムによって違ってきます。
自分でレジまで並んで、注文して席まで料理を運ぶ場合は必要ありません。

しかし、席に着いて注文して頼む場合はウェイターさんが運んで来てくれます。この場合、チップをウェイターさんにあげる必要があります。

・ファミレス
ハワイにはデニーズなどのファミレスがありますが、どのファミレスでも店員さんが料理を運んで来てくれる場合はチップをあげる必要があります。

なぜ店員さんにあげる必要があるの?

それは、店員さんの給料がもともと安く設定してあるのです。つまり、チップが含まれた給料が店員さんの給料。
給料には、お客さんからもらえるチップが含まれているので、もしあげないと本来もらえるはずの給料が減ってしまうのです。
ハワイではテーブルに絶対1人の店員さんが接待してくれます。飲み物がほしい時でもすぐ来てくれますし、お代わりをしたければ目を合わしただけで来てくれます。
日本みたいに、
「すいませ~ん、注文いいですか?」
なんて叫んでしまうと、周りにいる現地の人達から冷ややかな目で見られるので注意して下さいね。

 

食事でチップが必要ない場面

・コーヒーショップ

・マック/バーガーキング

・フードコート

・コンビニ

これらの場所では、自分が取りに行って自分で料理を席まで運びます。その場合はあげなくてもOKです。

チップの必要性の有無はどうやって判断する?

チップがいらない場合・・・お客さんが自分で料理を受け取って、自分で自分の席に料理を運ぶ場合はチップ無し

チップが必要な場合・・・お客さんが席に着いて、ウェイターが運んで来てくれるサービスがある場合はチップあり

☑交通機関でチップが必要な場面

・タクシー
タクシーは、お会計が終わった後に運転手にチップを渡す必要があります。

電車やバスなどはチップは必要ありません。

交通機関でチップが必要ない場面

・トロリーバス

・レンタカーショップ

ワイキキトロリーは基本チップをあげる必要はありません。
レンタカーを使う場合はレンタカーショップに行き手続きをすると思いますが、そこにいるスタッフにチップをあげる必要は特にないです。

 

現地ツアー

オプショナルツアーのガイドに渡す必要があります。

 

なんでそこまでしてチップをあげなくてはいけないのか・・・気持ちは分かります。
これらの場面全てあげると、チップだけでもかなりの高額な料金になってしまいますよね。
でも、ハワイではそれが当たり前です。

チップとは、サービスに対する単価です。サービスがお金になると思って下さい。日本のタクシーは深夜に乗ると深夜料金が発生します。それもサービスといったらサービスです。銀行通帳などを作る時にハンコが必要なように海外でもチップは必要なのです。

ハワイでチップの正しい渡し方を紹介

チップを渡す前にあらかじめ知っておかなけれあならない事があります。

・小銭はチップとして使えない

・1ドル札をポケットに入れておくとスマート

・チップを渡す時は「Thank you」と言いましょう。

・サービスが悪い場合はチップの料金を下げてもいい

・チップ料金が含まれている場合は渡さなくてもいい

・レストランでは伝票にチップの値段が書いてある事が多い

あらかじめ、チップ用のお札をポケットに忍ばせていつでもすぐだせる準備をしておくとスマートでしょう。

レストランでは、伝票を必ずチェックして下さい。チップが料金に含まれている場合があるのでその場合はあげる必要がありません。

サービスが悪い人には、相場よりもチップの料金を下げてあげてもいいでしょう。

それでは、渡し方の説明をしていきます。

☑ホテル(渡し方)

・シャトルバス/バン/リムジン
ホテルまで送迎してくれ荷物を運んでくれる場合、ホテルに到着して荷物を運んでもらった後に運転手に

言い方は何でもいいですが、

「Thank you for your help」といってチップを渡してあげて下さい。

・ポーター
ホテルに到着して、ポーターさんが荷物を部屋まで運んでくれます。
部屋に入って部屋の説明やエアコンの使い方シャワーの使いかたなどしてくれます。説明が終わりポーターさんが部屋から出ていく時にチップを渡して下さい。
チェックアウトをする際にもポーターさんが運んでくれる場合がありますので、荷物を運んでくれたら渡してあげましょう。

・ベットメイキング
連泊した場合シーツの交換などしてくれますが、部屋を出て行く時に
枕元の下ではなく

・ベットの横にある小さいテーブルの上

・テレビの前

・枕の上

・メモ帳に挟む

できるだけ目立つ場所に置いて下さいね。

「Dear house keeping 」と書いておくとさらにわかりやすいでしょう。

☑食事(渡し方)

・レストラン

現金での支払い

お会計をテーブルでするケースがほとんどです。ウェイターさんがお会計の伝票を持ってきてくれるのでお会計+チップを渡してあげればOKです。細かいお金がない時はどうすればいいのか?という質問が多いのですが、

例えば、お会計が25ドルとします。

この場合、30ドル払ってお釣りの5ドルはいらないよっていうパターンが一番いいのですが、もし5ドルもチップで出すのは高いなって思った時には、30ドル払ってお釣りを一回全てもらってしまいましょう。

そして、3ドルなら3ドルをウェイターさんにあげるのがいいでしょう。

もう1つのパターンは、

30ドルを払って2ドルお釣り下さいと言いましょう。30から2ドルもらうと28ドルです。もともと25ドルの料金なのでウェイターさんは3ドルのチップがもらえるという計算になります。

私は、お釣りは全て先にもらいそこからチップ分をあげています。

クレジットカードでの支払いの場合

1、まず、お会計をお願いしますと言いましょう。「Can I get the check please 」

2、店員さんがレシートを伝票入れに挟んで持ってきます。

3、クレジットカードを伝票入れに入れて店員さんに渡します。

4、レシートが3枚戻ってきます。この時点ではまだ支払いが済んでいません。カードが使えるか使えないかの確認をお店側で確認しただけになります。

3枚のレシートには

A・・・最初にもらったレシート

B・・・MERCHANT COPY(店舗用)

C・・・GUEST COPY(お客様用)

があり、Bの店舗用のレシートだけにチップを含める金額をTotal の欄に記入します。

例えば、代金が42.62ドルだったとします。

レシートにはこう記載されています。

Amount 42$

+Tip:_______ ←チップの値段

=Total:_______ ←チップを含めた値段

 

そして、丁寧にSuggested Tipというチップの目安が書いてあります。

15%:5.96$

18%:7.16$

20%:7.95$

もし、20%のチップを払いたいと思ったら

+Tip:_______ ←7.95ドルをチップの欄に書いて下さい。

そして、7.95+42.62なので

=Total:_______ ←49.57と記入しましょう。

もちろん、チップをきりよく8ドルと計算して書いてもいいでしょう。

 

5、書いたBのレシート(MERCHANT COPY)店舗用をクレジットカードと一緒に渡してあげましょう。

チップは誰がもらうの?

大きいお店では、

店員さんそれぞれの役割分担が分かれています。

・テーブルを案内するホステス

・ウェイター/サーバー

・バッサー(料理片づけ担当)ウェイターのアシスタント

この3つの役割のうち、ウェイターさんが基本的にチップをもらいます。しかし、大きいお店の場合役割分担しないと、とてもお店を回せないのでこのウェイターさんだけチップをもらうと不公平になってしまいます。そこで、大きいお店の場合は、チップをもらった場合あとでみんなでシェア―することになります

小さいレストランでは、

役割分担するほど人数がいないので、

・ホステス/ウェイター/バッサー

が一緒です。

その場合、全てのチップがあなたのテーブルにつく担当の人がもらえるシステムになります。

☑交通機関編(渡し方)

・タクシー
タクシーは降りる前に払うお会計+チップ代を一緒に運転手さんに払います。あらかじめ細かい1ドル札をもっているといいでしょう。

現地ツアーチップ
オプションで付けた、アクティビティー等で遊んだ後に現地ガイドさんにチップを払ってあげましょう。

スポンサーリンク

ハワイでチップの相場はいくら?

レストランで食事する場合には、主に3つのパターンがあり
A・・・チップ込みの料金がレシートに書いてある
B・・・チップの料金が書いてある
C・・・ただのレシート

A、B、Cのレシートをみかけます。

A・・・Service Charge(S/C)又はGRATUITY INCLUDED TIP・・・と英語で書いてあり、そこにチップの値段も書いてある場合にはチップを払う必要がありません。

B・・・チップの値段がレシートに丁寧に書いてある場合があります。例えば、

40ドルがお会計だったとします。
Tip 15%・・・6$
Tip 18%・・・7.2$
Tip 20%・・・8$

この場合は、40$がお会計なので、15%のチップを払いたい時は
40$+6$=46$
をウェイターさんに払うということになります。

C・・・お会計しか書いていない伝票をもらった場合には、自分でチップの計算をしてお会計+チップを払いましょう。

ハワイでチップの相場早見表

ホテル編
・シャトルバス・・・$1(荷物1個 )
・ポーターさん・・・$1(荷物1個 )
・ベッドメイキング・・・$2

食事編
・レストラン・・・料金の15%~20%
・ファミレス・・・料金の15%
・パンケーキ・・・料金の15%
・高級レストラン・・・料金の20%~25%

タクシー運転手・・・料金の15~20%

現地ツアー・・・料金の10%〜15%

これらはあくまでも相場の話しです。
態度やサービスがいまいちの場合にはこれらのパーセンテージを下げても全然構いません。
むしろ下げて下さい。下げなければ、日本人ならどんなサービスをしてもチップをもらえると思われてしまうでしょう。

私は前回ハワイに行った時、タクシーの運転手が非常に態度が悪かったので今でも覚えています。
そのため、私は相場の15%よりもはるかに下げた5%のチップしかあげませんでした。
この意味は、「お前のサービスなんてこの額程度だ」っていう意思表示にもなりますので覚えといて下さい。

チップ制度について思う事

私は、最近よく思います。この記事を見てチップを学んで下さる事はすごくありがたい事なんですが
「知らぬが仏」という言葉の通り、ハワイのチップ制度を知らなければ

仮にチップをあげなあったとしても周りからの反応が冷ややかな反応なだけで、本人はまったくなぜ周りが冷ややかな反応なのかすら気づいていないので、気にする必要がないですよね?

結局チップって、サービスに対する単価であって強制的な物ではないと思うんですよ。日本みたいに強制的にサービス料金を代金に含める習慣もどうかと思いますが、

しかしそれでも、それぞれの国の文化を尊重するって事は非常に大切な事なのでこれからもハワイに行った時はチップを払うようにしたいと自分の中では思います。

さいごに

アメリカでにチップ制度は、日本人には馴染みがなく理解に苦しむところですが、ハワイに来たら最低限これらの場面ではチップを渡してあげましょう。
チップをあげるあげないの境界線に、誰かに何か手伝ってもらったり料理を運んでもらったりしたら渡してあげるという考えでいいと思います。

スポンサーリンク





-海外
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外旅行 男一人旅,海外旅行 一人旅,難易度 海外旅行 一人旅 ビーチ

海外旅行で男一人旅はどこが人気?難易度が低くてビーチがきれいな場所は?

ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始での長期休みに一人で旅行を考えている方に、どこが人気の国なのか? 一人なので、安全で難易度が低くビーチでゆっくりしたいなと考えているあなたにぴったりな国を紹介します…

続きを読む

台湾 チップ制度,台湾 チップ ホテル,台湾 チップ マッサージ

台湾はチップ制度はあるの?ホテルやマッサージであげてみた検証実験

日本からとても行きやすい台湾ですが 日本と同様チップはなくてもいいのでしょうか? ホテルやマッサージでチップを払う? そんな疑問にお答えします。 台湾人の友達にチップについてどう思うか? マッサージ師…

続きを読む

留学初日からホームシックの人っている?,留学のホームシック克服方法,留学のホームシックはどう乗り越える?

留学初日からホームシックの人は何割?体験談で分かる克服方法と乗り越えるには?

初日から家族や恋人を思い出し、 すでに泣きっぱなし、いっそう明日にでも日本に帰国しようかと真剣に悩んでいる方。   「罰金か刑務所にはいるかどっちかにしろ」 私が味わった苦いホームシックエピ…

続きを読む

海外旅行 子供 何歳から,海外旅行 子供 体験,海外旅行 子供 喜ぶ

子供と一緒に海外旅行は何歳からが普通?体験談から分かる喜ぶポイントは?

子供がまだ小さい、だけど海外旅行に行ってみようかなって考えているかたで みんな何歳から海外旅行に行っているのか知りたい。 行った人の体験談が聞きたい方にオススメな記事です。 この記事で分かる内容は? …

続きを読む

ハワイ チップ 渡さない,ハワイ チップ 払わない,ハワイ チップ 渡さない

ハワイでチップを渡さないとダメ?払わないとどうなる?あげない方法は?

ハワイでチップ制度がある事は分かっていますが、チップを払うと結構な金額を取られますよね? チップは、絶対に渡さないとだめなのでしょうか? この記事を見れば、払わないとどんな事が起きるのか、渡したくない…

続きを読む